◇最後に「国民の理解を得られることを、切に願っています」

 終戦の日まで1週間の8日、天皇陛下がビデオメッセージの形で「お気持ち」を公表された。象徴天皇とはどうあるべきか。約11分間の映像には、自身の老いのみならず、人生の終幕後までを見据えて率直に語る陛下の姿があった。地上波のテレビ各局が一斉に放送。宮内庁幹部が「重い内容」とする「胸の内」を穏やかな口調で語る陛下を、多くの国民が見つめた。【山田奈緒、古関俊樹】

スポンサードリンク

宮内庁によると、収録は、お住まいに当たる皇居・御所の応接室で7日午後4時半から行われた。当初、立ち会う予定のなかった皇后さまも、「大事なことだから」という陛下の意向を受け、収録を見守られた。宮内庁長官や侍従長ら幹部も立ち会い、1回の読み上げで収録を終えた。皇太子さまや秋篠宮さまには、陛下が内容を伝えたという。

 陛下について、ある側近は「どんなときも泰然とされている」と表現する。皇后さまと時折テニスを楽しむなど、現在の健康状態に問題はないという。規則正しい生活を心がけ、体調の維持に努めている。70代のころよりも多い地方訪問をこなすなど、公務に対する積極的な姿勢は年を重ねても変わらない。

 ビデオメッセージで陛下は冒頭、天皇は制度論に言及しないという憲法が定める自身の立場を説明。個人の考えと前置きし、一呼吸置いてから、即位後約28年間の歩みを振り返った。約11分間で7回「務め」という言葉があった。「(身体の衰えで)全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」「(摂政制度は)務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けること……」。報道各社が先月から伝えていた「生前退位」への思いがにじんだ。

 手元の原稿を確認しつつ、時折顔を上げてカメラを見つめた陛下。最後に「国民の理解を得られることを、切に願っています」と終えると、原稿を机に戻して一礼した。

 同庁職員は、幹部のごく一部をのぞき、内容を事前に知らなかった。公表された8日午後3時、庁内で多くの職員がテレビに見入った。ある幹部は「想像以上にはっきりとご意見を言っておられ、驚いた」と話す。ビデオ公表直後、宮内記者会の要望を受けて会見した風岡典之長官は、「象徴の立場である人だけが、思うことがある。憲法上のお立場を踏まえた発言だと思う」と説明。「一つの大きな節目の時期だと考えている」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000126-mai-soci ⇒ FC2ブロマガ『hot先生の学校では話せないここだけの話』ご購読はこちらよりどうぞ。

 


視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」



>>ブログランキングに1クリックお願いします!<<