◇最後に「国民の理解を得られることを、切に願っています」

 終戦の日まで1週間の8日、天皇陛下がビデオメッセージの形で「お気持ち」を公表された。象徴天皇とはどうあるべきか。約11分間の映像には、自身の老いのみならず、人生の終幕後までを見据えて率直に語る陛下の姿があった。地上波のテレビ各局が一斉に放送。宮内庁幹部が「重い内容」とする「胸の内」を穏やかな口調で語る陛下を、多くの国民が見つめた。【山田奈緒、古関俊樹】

続きを読むブロマガ『hot先生の学校では話せないここだけの話』はこちらよりどうぞ!!

hot先生のブログ 記事のまとめはこちらから
全国私立高校の偏差値はこちらから
>>私学の情報を共有のために1クリックよろしくお願いいたします<<